加瀬和城のHP&BLOG

イッテQで少し知られた加瀬です。1995年にコスタリカへ初訪問、2020年3月に日本へ戻りました。海外在住観光業と海外撮影コーディネートで、中南米を中心に60ヵ国訪問、2020年9月から約1年かけて日本47都道府県訪問の旅をしました。「kasekazuking」というアカウントでインスタもやってます

#0172 海産物と海水浴と温泉

久しぶりのラブスポット。

-

どいつもこいつも、愛だとか恋だとかですよ、まったく……..。

 

600mくらい坂を登らなくては行けないので、メンディーって思ったけど、行ってみた。

-

 

ドイツもコイツも鍵を付けたがりやがって。

 

これはどういう意味だ? 外れ無いって、別れないって意味か?

 

鍵なんて針金1つで開くんだよ!

 

ペンチや 鉄棒1つあれば、ぶっ壊せるんだよ!

 

でもまあ、せっかくなんでベルを鳴らしてきた。

-

なんか、願いを込めるというよりは、彼女が出来ないオッサンの僻みと怒りの爆発って感じがしなくも無いけど。

 

さて、何故にココへ来たかというと、近くに厚田朝一ってのがあって、海産物が美味いらしいのだよ。

 

という事で朝から行ってみたのだが、

-

量が多いんだよね。

 

1袋に15個も入っているんですよ。

 

旅行中で冷蔵庫ないし、ホタテ貝の処理も困るし。

 

でも食べたいし……。

とりあえず買ってみた。

 

事情を説明して、貝は引き取ってくれる事となった。

-

まだ、生きてるんですよ。凄く新鮮。

 

でも、いくらホタテが好きでも、一気に15個は食えないんです。

 

9個を刺身で食べてギブアップ。

 

残りはバターで炒めました。

-

これが美味くて、結局、一気に15個を食べました。

 

そしてキャンプ場へ。

-

 

近くに海産物を売っている店があったので、ここで2泊過ごしました。

-

 

 

 

 

近くには午前0時まで入れる温泉もあり、海水浴をして海産物を食べて、温泉に入ると言う幸せな日々。

 

お陰で顔がサングラス焼というか、逆パンダ顔になってしまった。

 

北海道を出たくない…….。

 

加瀬