加瀬和城のHP&BLOG

イッテQで少し知られた加瀬です。1995年にコスタリカへ初訪問、2020年3月に日本へ戻りました。海外在住観光業と海外撮影コーディネートで、中南米を中心に60ヵ国訪問、2020年9月から約1年かけて日本47都道府県訪問の旅をしました。「kasekazuking」というアカウントでインスタもやってます

#0165 最高のキャンプ場

日記、サボってました。

 

知床の後、特に何もなかったのです。

 

屈斜路湖周辺で沈没してたんです。

 

池の湯とか

-

 

コタンの湯とか、

-

 

お風呂に入っては、BBQしたり、昼寝したり、星空眺めたりとか、本当に何もしないので、書くことがなかったのです。

 

なぜに沈没したかと言うと、1つは非常事態宣言で観光が難しいこと。

 

もう1つはトトロ1 号が来るので、それまでの時間つぶしもある。

 

そして、トト1が来た。

 

トト1が来ても、特にやることは変わらないのですが、

-

 

観光します。

 

そして、途中で食材を入手して、

 

 

 

イモトさんは、ツブ貝が好きなので、写真を送ったら

 

「うっひょー 美味そう!」

 

って返事が来てた、本当に好きなんだな。

-

テントを張って夕日を見ながらのBBQは、絶対に美味しくなるのが不思議。

 

ちなみに夕日の場所は、サロマ湖のキャンプ場です。

 

おすすめキャンプ場の1つです。

 

北海道って、キャンプ場が本当に沢山あるんですよ。

-

スーパーとか農協とか道の駅とかで食材を入手できるので、お気楽極楽アウトドアって感じです。

 

そんな多くのキャンプ場で、私が1番いいなと思ったのが、

-

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 1a.-6.jpg です
 

チミケップ湖キャンプ場。

人がいないし、明かりもないし、静かだし、この日は私を含めてテントは4つのみ。

 

ヒグマがちょこちょこ出るのが怖いけど、それさえ除けば最高。

とても良いとこなのでもっといたかったのですが、トト1が仕事で帰らないといけないので撤収。

 

本当は私だけ残ってトト1が勝手に1人で帰れば良いのに、電車もバスもないので最寄りの駅まで送ってやる事にする。

すると30分の違いで電車が行ってしまった。

 

嫌なのだが仕方なく空港まで送ることにするのだが、北海道は広く、その距離は東京駅から、

栃木の北部にある地元の黒磯駅と同じ距離だ。

 

簡単に送れと言うトト1に腹が立つ、お前が調べないで電車を逃したんだから、自己責任だろうが、このド阿呆め!

「そんなこと言わないで送ってくださいよー。ラーメンおごりますよー。

 

頭きたので、ラーメンを20杯ぐらい食ってやろうと思ったけど、大盛りを1杯しか食べれなかった、残念である。

ちなみに3時間半の移動中、トトロは後部座席で寝袋を枕にして熟睡してやがった。

 

こいつに殺意を覚えた私は人間が小さいのだろうか?

皆さんならどうします?

 

私は走行中の車から叩き落とそうかと思いました。

阿呆トト1を旭川空港へ下ろし、私は再度、来た道を戻ったのでした。

 

加瀬