加瀬和城のHP&BLOG

イッテQで少し知られた加瀬です。1995年にコスタリカへ初訪問、2020年3月に日本へ戻りました。海外在住観光業と海外撮影コーディネートで、中南米を中心に60ヵ国訪問、2020年9月から約1年かけて日本47都道府県訪問の旅をしました。「kasekazuking」というアカウントでインスタもやってます

#0158 北海道横断540km その3

中標津で、例のお父さんと再会した。

 

お父さんが、

 

「何も言わないで消えちゃって、お礼ができなかったじゃないか。」

-

大事に使って頂いているようで何より。

 

「ちょっと待ってな、あげたい物があるんだよ。」

 

ガスコンロのお礼に、ゆで卵1個と飴玉を頂いたのだが、お父さん的には、それでは釣り合いが取れないらしい。

 

そんな律儀にありがとうって感じですが、一生懸命節約して生活されているお父さんから、何か頂くのは申し訳ないので固辞するもの受け入れて貰えず、今回も頂きました。

-

今回は、ゆで卵2つ。

 

色々な意味で、涙が出そうになりました。

 

さて、この辺りで数泊したのですが、

-

 

温泉の後は、川の流れる音を聞き、ぼーっとしながら緑を眺めつつ、

-

 

 

1人で鍋を突いてみたり。

-

 

 

追っ払っても追っ払っても、近くをうろうろしている狐と戯れたり。

-

 

 

翌日は鍋も飽きたので、今度はカマドに火を起こして

-

 

 

 

ホッケやイカなどを焼いて食べてみたり。

-

 

 

体が冷えたら温泉に入ったり。 

-

 

そして車に戻り、川の音を聞きながら昼寝をしてと、食って寝て温泉と言う、ダメ人間ココにあり! みたいな毎日を続けているのでした。

 

これではダメだと思い、少しだけ観光をしたのですよ。

-

 

360度地平線と言う、それは素晴らしい場所です。

-

 

 

こんなところで朝日を見たらすばらしいだろうなぁと思い、東の方向に車を止め、今日はここで寝ようと思ったのです。

-

 

しかし、フロントガラスが汚いなぁ。

 

さあ寝床を準備と思った時、私の第六感といいますか、よくわからないところなんですが、ここには泊まらない方がいいんじゃないかなぁと思うわけですよ。

 

思うというか感じるというか、上手に表現できないんですけどねー。

 

そういう時はネットで検索。

 

『開陽展望台 心霊』

 

なんでも、おじいさんの霊が出るとか出ないとか。

 

でも、そういう感じでもないんだよなぁ。

 

そんな時に便利なのが友人のボンちゃん。

 

特徴はお洋服が6Lサイズと言う、なかなか服を買うのは大変だろうなぁと思うのと、普通の人が見えなかったり、聞こえなかったりするのが、見えちゃったり、聞こえちゃったりしちゃう特技あり。

 

写真を撮って送ってみた、私には見えない何かが見えるかもしれないと思ったら、やはりいろいろ見えていた。

 

こんなやりとり、

-

 

 

 

 

 

この辺に詳しい人がいましたら、昔ここに何があったか教えて欲しいのでご連絡くださいませ。

 

このような日々を中標津で過ごしたのですが、本当に先に進めなくなってしまうので、泣く泣く出発したのでした。

-

ここは『さくらの滝』と呼ばれており、7月になるとマスがぴょんぴょん滝を登っていくらしい。

 

残念ながら、まだ時期が早かったらしく見られませんでした。

 

さて、知床へ向かいます。

加瀬