加瀬和城のHP&BLOG

イッテQで少し知られた加瀬です。1995年にコスタリカへ初訪問、2020年3月に日本へ戻りました。海外在住観光業と海外撮影コーディネートで、中南米を中心に60ヵ国訪問、2020年9月から約1年かけて日本47都道府県訪問の旅をしました。「kasekazuking」というアカウントでインスタもやってます

#0137 元漁師のキャンパーその2

同じ車中泊仕様でも、お父さんの車は一味違う。

-

フロントガラスまでフルに荷物置いているのだ。

 

中はさらにすごくてね。

-

助手席を倒してベッドにしていた。

 

さらに私びっくりしたことありまして、

-

運転席後ろの後部座席に、普通の灯油ストーブがあった。

 

これがあると冬も暖かいそうです、まぁそりゃそうだろう。

 

灯油ストーブを使うときは、怖いから少しだけ窓を開けているんだってさ。

 

さてさて、事件は何かといいますと、お父さんの私物が盗まれたらしいのです。

 

お父さんはどちらかに出かける時に、椅子とか、鍋とかの調理器具とか、そういうものを出しっぱなしにするのですよ。

 

「ちくしょう! 食材と杖とガスコンロを盗まれた!」

 

ガスコンロがないので料理ができなく、これからどうしようかと本気で悩んでいらした。

 

私が利用していたイワタニのガスコンロだが、少し点火が悪くなってきたのですよ。

 

それに、いろいろ調べると、もう少し薄型のがあるらしく、それに買い替えようと思っていたので、少し点火の調子が悪いけど、それでも良ければ貰ってもらえませんかと伝えると、

 

「ありがとう! これで2500円浮いたぜ!」

 

と、大変喜んでおられた。

 

更にお父さんは

 

「おれも何かあげるから!ちょっと待ってなー!」

 

何もいらないと丁寧にお断りしたのだが、

 

「若いんだからもらっとけ! それに何事もギブアンドテイクだ!」

 

お父さんはアンカレッジの生活が長かったようで、ちょくちょくと英単語が会話に入ってくるのです。

 

「これをもらってくれ! ガスコンロのお礼だ!」

-

生卵1つと、飴玉を数個いただいた。

 

嬉しさは勿論、色々な意味で少し涙が出そうになった。

加瀬