加瀬和城のHP&BLOG

イッテQで少し知られた加瀬です。1995年にコスタリカへ初訪問、2020年3月に日本へ戻りました。海外在住観光業と海外撮影コーディネートで、中南米を中心に60ヵ国訪問、2020年9月から約1年かけて日本47都道府県訪問の旅をしました。「kasekazuking」というアカウントでインスタもやってます

#0135 双子と北海道その3

3日目は、普通に観光。

 

和琴半島にある温泉。

-

 

屈斜路湖の水が入ってきているので、殆ど水、と言うか温泉って感じはなく、そして水深10cmくらいなので足湯ならぬ指湯は出来るかと。

 

ちなみに双子は

-

降りるのは危険だからとか、怖いとかで、上から写真を撮っていた。

 

その後、温泉巡りツアー開始。

-

 

古き良きお風呂って感じで、熱いと言われていたけれども適温だった。

-

 

 

ここも見晴らしは最高なんだけど、普通に駐車場から丸見えだし、服を着た綺麗なお姉さんたちが、ぞろぞろいたので恥ずかしくて入れなかった。

-

 

こっちは、コタンの湯、向かって右が男湯で左が女湯。ここも見晴らしは最高だけど外から丸見えっす。

 

次は、池の湯。

-

適温で入りやすい温泉。

 

そして我々3人は、ここで非常に面白い人物と出会った。

 

白髪の長髪で、髭も仙人のように長い、ヨガの修行僧のような体格をしている初老の男性なのだが、温泉に入りながら何かを洗っていた。

 

私にはそれが、自動車の部品であるエアフィルターにしか見えなかったのだが、まさか温泉に入りながら、それはないだろうと思い、その男性に聞いてみた。

 

加瀬:「何を洗っていらっしゃるんですか?」

 

男性:「エアフィルターだよ。」

 

ちょっと言ってることがよくわからない。私の常識であれば、エアーフィルターの掃除は、強いエアーでほこり等を吹き飛ばし、それでも汚れが取れなくなった場合は交換するものである。

 

男性:「洗って乾かせば使えるものだよ !」

 

なるほど、また1つ勉強になった。勉強になったけど絶対真似はしないと思う。

 

その男性は車中泊旅行を1年2ヶ月続けているらしい、その自動車が凄すぎた。

-

掲載において本人の許可はとっております。

 

まず、目につくのが右前輪のタイヤホイルだ。

 

男性:「走ってる時にタイヤが取れて大変だったんだよ!」

 

それは大変だろうよ、でも整備工場に持って行く事なく、自分で取り付けたらしい。

 

でもこれって、車検通るのかな?

 

その旨を聞いてみると

 

男性:「車検はねぇ….. 気にしてない。」

 

いやいや、車検は気にする気にしないということではないはずだが…。

 

男性:「大丈夫だよ、警察に職質をされたけど、車検証を見せろとは言われないもん。」

 

車検を受けない方なので、きっと任意保険は勿論、自賠責保険も入ってないんだろうなぁ。

 

ちなみに車の中はどうなっているかというと、

-

助手席と後部左席を外している。

 

なるほどね、これで1年2ヶ月も過ごせちゃうのか。

 

勉強にはなった、絶対真似はしないと思うけど。

 

他にもツッコミどころ満載の話をいろいろしてもらったのだが、ちょっとここに載せる内容というか、ここに載せられない内容なので、私たちの心の中の思い出としてとっておくことにする。

 

そして次の温泉である砂湯へ移動。

-

 

ここの砂浜を掘ると温泉が出てくるらしい。

 

ウミガメの産卵後のような穴は、過去に誰かが掘った後であろう。

 

私たちは『誰かが掘った後を利用する作戦』を実行することにした。

-

 

この枯葉が浮かぶ緑色の液体が温泉である。

-

 

足湯ならぬ手湯ならぬ指湯をした、 結構温かい。

 

砂湯観光の後、私達が向かったのは『養老牛温泉 カラマツの湯』である。

-

ここを私達の最後の拠点として、食って寝て風呂 を、翌日の空港への移動まで繰り返したのでした。

 

あっという間の3泊4日、まあ、楽しかったかな。

加瀬