加瀬和城のHP&BLOG

イッテQで少し知られた加瀬です。1995年にコスタリカへ初訪問、2020年3月に日本へ戻りました。海外在住観光業と海外撮影コーディネートで、中南米を中心に60ヵ国訪問、2020年9月から約1年かけて日本47都道府県訪問の旅をしました。「kasekazuking」というアカウントでインスタもやってます

#0123 北国オヤジ2人旅 『ボンダム おいらせ町に立つ‼︎』

昨日は午後11時頃に、八戸駅へ迎えに行く。そのまま従姉妹宅に泊まる。

ボンは駅弁2つほど食べてきたはずだが、従兄弟が用意してくれたおにぎりなど夜食を貪っていた。相変わらずの食欲である。

 

翌朝の朝食も、刺身やら何やら海の幸など美味しく、さすが八戸って感じ。

 

従姉妹と奥さんにお礼をして、私たちは観光に向かった。

 

最初に向かったのが理髪店。

 

そこは知る人ぞ知るというか、有名な観光地なのである。

素敵なオブジェに囲まれた芸術作品を見ることができる、青森に行った全ての人に訪問して欲しい場所だ。

 

 

 

 

 

 

これ、理髪店のご主人が作成したんですよ。

 

ちなみにガンダムの頭部ですが、

 

中はカラオケルームになってます。

 

ちなみにカラオケルームだが、理髪店のご主人である鈴木さんの案内で見ることができました。

 

おっさん2人が、キャッキャしながら写真を撮っていたら、お店から出てきていろいろ案内してくれたんです。

-

 

これは作成中の、ララァ・スン専用モビルスーツです。権利の関係からエルメスとは呼べないらしい。

-

 

今はガンダムだけではなく、エヴァンゲリオンなど他のアニメにも挑戦されているそうです。

 

鈴木さんは、なんと我々を工房にも入れてくれたのです!

-

 

プラモデルから寸法を測り、大きさを決めて作成するようです。すごいよね。

-

 

 

 

プラモデルから寸法を測り、大きさを決めて作成するようです。すごいよね。

-

 

いろいろな作品を同時進行で作られているようです。

 

皆さんも青森訪問の際は、ぜひ訪れてみてください。なお作品には当然ですが作成費が必要ですので、備え付けてある募金箱にお礼の気持ちも込めて入れましょうね。

 

ちなみに鈴木さんですが、ガンダムエヴァンゲリオンも見たことないそうです。お店にはプラモデルが飾ってありましたが、

-

すべて頂いた物のようです。

 

不必要となりましたプラモデルがありましたら、訪問時に奉納されてはいかがでしょうか。

 

そして我々は、次の場所へ移動したのでした。

加瀬