加瀬和城のHP&BLOG

イッテQで少し知られた加瀬です。1995年にコスタリカへ初訪問、2020年3月に日本へ戻りました。海外在住観光業と海外撮影コーディネートで、中南米を中心に60ヵ国訪問、2020年9月から約1年かけて日本47都道府県訪問の旅をしました。「kasekazuking」というアカウントでインスタもやってます

#0085 徳島県その1

徳島県には、2018年6月に来ている。

-

 

かずら橋と、

-

 

なぜに池田高校かというと、鬼籍に入った父が通った高校だから。

 

そして今回の1発目は『轟九十九滝』。

 

まずは轟神社で、いつものお願いをする。

 

そして目的地の滝へ。

-

スピルチュアル能力が殆ど無い私でも解る、凄いやつです。

 

一応、確認の為にエロじゃなくて、スピルチュアル・ボンにも写真を送ったが

 

「おおすごい!滝行にはもってこいの場所だね!」

 

という返事がきた。

 

来てよかった。

-

 

次に向かったのが『百間の滝』。

-

 

 

この滝も凄い。

-

 

日本って美しい滝が沢山ある。

 

この日は、これでおしまい。

 

簡単に書いているけど徳島県の道は狭くて、観光スポットへ行くのに時間がかかるのですよ。剣山スーパー林道という道を走ったのだが、道幅が狭く、落ちたら死にそうな高さの道でした。

 

そして翌朝、まずは洗濯物を取り込む。

 

昨日の夜、洗濯もたまっていたので、コインランドリーで洗濯するが、乾燥機が壊れていて使えず、洗濯だけが出来ました。

-  

 

 

こんな感じで一晩干したのだが、風があったのでバッチリ乾いていた。

 

この日は『うだつの町並み』を見学。

 

よく、「本当にアイツは、うだつの上がらない。」って聞くでしょ?あのうだつです。

-

 

 

江戸から昭和がつながっているような、そんな町でした。

 

そして私の徳島におけるメインイベントは、「徳島県三好市井川町辻」を訪れる事。なぜなら父が幼少時を過ごした場所だから。

 

母親に電話をしてビデオトークにして、彼女の記憶を頼りに、多分にこの辺じゃないかなという場所に行ってみた。

 

ここで父が育っていなければ今の私が無いわけで、色々と考えました。

 

父から良く聞いていた、吉野川をしばらく眺めていました。昔はウナギがとれたそうですよ。

 

旅行記は面白くなかったかもしれませんが、私にとっては最良の日でした。

加瀬