加瀬和城のHP&BLOG

イッテQで少し知られた加瀬です。1995年にコスタリカへ初訪問、2020年3月に日本へ戻りました。海外在住観光業と海外撮影コーディネートで、中南米を中心に60ヵ国訪問、2020年9月から約1年かけて日本47都道府県訪問の旅をしました。「kasekazuking」というアカウントでインスタもやってます

#0084 高知県その5

この滝、何か違う。何が違うのかは解らないけど、何かが違う。禍々しい感じでもないけど、神々しくもなく、なんかが違うんですよ。

 

勿論、私ごときに何が違うのかまでは解らないので、いつもの困った時は「スピルチュアル・ボン」に写真を撮って送ってみた。

 

ちなみに皆さん、「スピルチュアル・ボン」を聖人君子とお思いかもしれませんが、彼はある時は「スピルチュアル」ですが、年に4回程度、夜の町へ『巡礼』に行く時は「エロ・ボン」になる人物です。だから私と友人関係に居られるのだよ。

 

ただ今はコロナウィルスの関係もあり、病院勤めの彼は『夜の濃厚接触』が出来ないと嘆いておりました。

 

そんな彼に写真を撮って送ると

 

ボン:「この滝は良い意味で作られた滝だね、自然にできた物ではないよ。」

 

ボン、すげーな。そんな事まで解るのかよ。

 

そして本日の最後、『室戸岬』へ。

 

最初は暗くなる前に『みくろ洞』へ行ったが、

-

 

海辺から上を見ると、どうやら展望台があるらしい。せっかくなので行ってみた。

-

 

 

日本中、愛だとか恋だとか、どいつも、こいつもです。

 

そして本日にて高知県は終了。明日から徳島県に入ります。

今回の旅でありがちな「入れませ~ん!」でした。

 

気を取り直して室戸岬へ行くと、高知県全般にありがちな、坂本龍馬中岡慎太郎の像がありました。

-

これは中岡慎太郎

 

海辺も素敵な感じで、今日も無事に事故無く過ごせたことを感謝する。

加瀬