加瀬和城のHP&BLOG

イッテQで少し知られた加瀬です。1995年にコスタリカへ初訪問、2020年3月に日本へ戻りました。海外在住観光業と海外撮影コーディネートで、中南米を中心に60ヵ国訪問、2020年9月から約1年かけて日本47都道府県訪問の旅をしました。「kasekazuking」というアカウントでインスタもやってます

#0083 高知県その4

昨日、行こうかどうか悩んだ場所が『アンパンマンミュージアム』話のネタになるかなとか、姪が子供の時に好きだったなとか思ったものでして。でも、チビッコを連れた家族が全てをしめるソコへ、オッサン1人で行く事は出来ませんでした。

-

遠くから建物の写真だけ撮影した。

 

さて今日の目的は、昨日のトレッキング中に情報を得た3つの滝へ行く事。

 

まずは『岩屋の滝』。

-

まあ、綺麗だよね。

 

次は『大荒の滝』だが、アクセスが危険。

-

実は1回「ひやっ」としたことがあった、1人の山歩きは怖い。

 

で、大荒の滝は、やはり良いのです。

-

 

下から見ても良いのだが、上の滝つぼにも行ってみた。

-

 

マイナスイオンで気持ちが良かった。

 

最後に『つらら滝』。

-

つららが寒い時に出来るのであろうか?それを見てみたい。

 

3つの滝に満足した私は車に戻ったのだが、

-

熊が出てくる前に退散して、次は安芸市を観光。

 

最初は三菱グループ創設者、岩崎弥太郎の生家。

-

 

 

この石は、

-

 

こういう事だそうです。

 

そして『野良時計』と、

-

 

武家屋敷』を見学。

-

 

 

最後は『伊尾木洞』。

-

 

 

少し疲れたので、この先にある道の駅『おおやま』で休憩&食事と思い立ち寄ると、私の眼には日本各地で恒例となっている。

-

 

 

これっすよ、これ。

 

ついに道の駅にも進出してきたか!

 

道の駅でのLOVEスポットは初めてなので、行ってみたのだが、

-

 

なんというか、コレでいいのか?
確かに椅子の後ろには立派なプレートがあるが、

-

 

見られる風景は、いまいちと言うか、これを恋人の聖地にしてよいのだろうか?

 

でもまあ、

-

人は来ているようだし、まあいっか。

 

でも、なんで鍵なんだろう?相手を雁字搦めにして自由にさせないという意味だろうか?まあ、どーでもいいけど。

 

次に行きます。

加瀬