加瀬和城のHP&BLOG

イッテQで少し知られた加瀬です。1995年にコスタリカへ初訪問、2020年3月に日本へ戻りました。海外在住観光業と海外撮影コーディネートで、中南米を中心に60ヵ国訪問、2020年9月から約1年かけて日本47都道府県訪問の旅をしました。「kasekazuking」というアカウントでインスタもやってます

#0082 高知県その3

朝、一発目の風景。

-

高知市から車で30分くらいの場所。

 

本日、最初に向かったのが『高知大神官』、至る所に人慣れしたニワトリがいる。

-

 

 

 

本日の無事をお願いした後、『ひらめ市場』へ。

-

 

しかし誰もいない、お店の人にオーダーをすると、まだ一般の人は入ってはいけない時間と教えられて撤退する。

 

まずは、国内旅行添乗員の友人が勝手に『日本がっかりスポット』と呼んでいる『はりまや橋』を見学。

-

 

別にガッカリはしないけどね。

 

次は立志社の跡地へ。

-

 

 

ここで板垣退助自由民主運動を始めたのかと感傷に浸った。

 

 

 

駅前で高知県の英雄像や高知城を見学後、再度『ひらめ市場』へ行って朝食とする。

 

高知と言えばカツオのタタキで、勿論それは頂いたが、それ以外にもクジラの刺身とか、

 

ウツボのタタキを頂いた。

-

 

ウツボのから揚げは食べた事があったが、タタキは初めて。プルプルして美味しい。

 

そして、これまた高知市観光定番の桂浜へ。

-

 

再度、今日の無事をお参りして、私にとって本日のメインイベントである『轟の滝』へ向かった。

 

「わー」と声が出たくらい美しい滝。

 

折角なので谷を下って滝つぼまで行ってみる。

-

 

高知って自然をメインにした観光地として、かなりポテンシャルがあると思うのだよ。来てよかった。

 

ふと看板が目に入り、この近くには他にも素敵な滝があるらしい。それは明日行く事とする。

 

何も面白い事は書けなかったが、普通に観光をして楽しい日でした。

加瀬