加瀬和城のHP&BLOG

イッテQで少し知られた加瀬です。1995年にコスタリカへ初訪問、2020年3月に日本へ戻りました。海外在住観光業と海外撮影コーディネートで、中南米を中心に60ヵ国訪問、2020年9月から約1年かけて日本47都道府県訪問の旅をしました。「kasekazuking」というアカウントでインスタもやってます

#0077 愛媛県その3

朝から道後温泉本館で朝風呂。

 

明るいところで道後温泉を見ると、千と千尋の神隠しの温泉にしか見えない。

 

 

ゆばば:「湯屋一同、心をこめてぇ~!」って聞こえてきそう。

 

道後温泉は改築中でして、皆が入れるお風呂のみが解放されていましたので、そちらに入りました。

 

正直、道後温泉の温度は私には熱く、あまり好みでは無いのが正直なところなのだが、それでも楽しめました。

 

道後温泉を後にして、次に向かったのが松山城

いつものです、ハイ。

 

でも、見られるところだけでも十分立派でした。

 

その後、松山城下にある『二之丸史跡庭園』へ行ってみると、そこには全く想像も予想もしていなかったものがあった....

-

 

いつもの『愛だとか恋だとか』がございました。

 

恋人の聖地認定を受けているそうです。

 

由来を聞きますと、何でも発掘調査の時に、井戸からロシア時代の10ルーブル金貨が見つかり、そこに日清戦争時のロシア人男性捕虜と日本人看護師女性の名前が刻まれており、それをロマンスの証として恋人たちの聖地としたらしい。

 

ロシア人男性が、勝手に片思いをして名前を刻んで
「恋が叶いますよーに!」

 

って井戸に投げたとは考えないのだろうか?

 

つまりロマンスじゃなくて、一方的な片思いってやつです。

 

まあ、どーでもいいんですけどね。

 

ここには恋人認定書ってのがあり、そこに婚姻届けのように色々書いたら、金貨のレプリカが貰えるらしいのだよ。

 

というわけで書いてみた。

 

 

 

 

 

野鹿まさのり(仮名)と、結衣 新垣で出しておいた。

 

新垣結衣じゃ無いですよ、苗字が結衣と書いて『むすい』と呼び、名前は新垣と書いて『みらい』と呼ぶのです。

 

決して女優さんの新垣結衣さんではありません。

 

ちなみに余談となりますが、野鹿(仮名)は新垣結衣さんが大好きなあまり、メスの野良猫を保護した時に『YUI』って名前を付けていました。

 

野鹿:「ゆいー、ご飯だよー!」

 

嬉しそうに拾ってきた猫を呼んでいる彼をみて、なぜか不憫に思ったものでした。

 

野鹿君(仮名)に春が来ますよーに。

 

どーでもいい、次!

加瀬