加瀬和城のHP&BLOG

イッテQで少し知られた加瀬です。1995年にコスタリカへ初訪問、2020年3月に日本へ戻りました。海外在住観光業と海外撮影コーディネートで、中南米を中心に60ヵ国訪問、2020年9月から約1年かけて日本47都道府県訪問の旅をしました。「kasekazuking」というアカウントでインスタもやってます

#0062 福岡県その4

時計を見ると18:15pmと、まだ遅くない時間だったのだが、1台のパトカーが駐車場に入ってきた。

 

加瀬:「こいこい、ネタになるぜ!」

 

その願いが通じたのか、お巡りさんが来た。

 

警察官:「すみません、ちょっと宜しいでしょうか?」

 

はいはい、勿論ですよー。

 

2度目の職質ですし、私は次に職質された時を想定して、どうしたら短い時間で疑いを晴らせるか用意をしているんですよー。

 

加瀬:「こんばんは、職質ですね!ではまず身分証明からですね、運転免許証で良いですか?」

 

警察:「はい、よろしくお願いします。へー、栃木県からいらしたんですか?」

 

加瀬:「それでですね、次に見て欲しいのが、こちらの動画です。」

 

 

 

この時、お巡りさんは私の免許証をチラっとみて名前を確認していた。

 

コスタリカを拠点とするコーディネーター加瀬と紹介されているのが助かる。

 

加瀬:「海外で仕事が無いので、日本に来て日本一周旅行をしているんですよ。」

 

警察:「へー、有名な人と会えちゃったよ!」

 

なかなか面白いお巡りさん。

 

栃木県警は免許証をパトカーに持っていって人物照会をしていたが、福岡県警は直ぐに免許証を返してくれたので、これで疑いが晴れて開放!

 

と思ったのだが、そうはならなかった。

 

警察:「拳銃や刃物、日本刀や麻薬は持っていますか?」

 

そんなの持ってるわけないじゃん(笑)、でも包丁は持っている。

 

加瀬:「包丁は持っていますけど、多分に人を殺そうと思えば殺せる包丁です。」

 

警察:「一応、見せてもらっても良いですか?」

 

私の料理セットには、フライパンやガスコンロ、調味料などが入っている。

 

警察:「はい、調理用と分かる整合性が確認できたので大丈夫ですよ。」

 

その後、懐中電灯で中を、結構細かくチェックされた。

 

周囲の人たちの視線が痛かった(笑)。

 

まあ私の車にはヤバい物は無いので問題無いんですけどね。

 

警察:「はい、ご協力ありがとうございました!」

 

加瀬:「しかし福岡県警は厳しいですね、栃木県警は全然調べませんでしたよ。」

 

警察:「栃木県には反社会組織は居ないのでは?」

 

加瀬:「うーん、ヤクザは居ると思うけど、でもまあ、田舎ですからね?」

 

警察:「福岡県は福岡市だけで5つあるんですよ。」

 

なるほどねー、また勉強になったよ。

 

加瀬:「えーと、一応お尋ねしますが、一緒に写真撮影は良いですか?」

 

警察:「いや、写真は駄目ですよ!」

 

加瀬:「じゃあ、パトカーと私の車の2ショットは良いですか?」

 

警察:「まあ、ナンバーが入らなければ。」

 

というわけで、撮影しました!

 

おまわりさんは2名で、パトカーと私の車のナンバーを隠せる場所に立ってくれました(笑)。

 

警察:「でもこの写真、直ぐに私が誰だかわかるな(笑)」

 

確かに、服のサイズは6Lくらいありそうな警察官でして、寒い時期なのに腕をまくって半そでスタイルでしたよ。

 

なんか私と近い人種だと感じ、硬い握手を交わして別れたのでした。あの時のお巡りさん、このインスタを見てDMくれないかな?

 

まあでも栃木県警も福岡県警も、爽やかというか対応が丁寧というか、日本の警察って悪くないよねー、良いよねーと思いましたとさ。

 

福岡県、なかなか楽しいです。

加瀬