加瀬和城のHP&BLOG

イッテQで少し知られた加瀬です。1995年にコスタリカへ初訪問、2020年3月に日本へ戻りました。海外在住観光業と海外撮影コーディネートで、中南米を中心に60ヵ国訪問、2020年9月から約1年かけて日本47都道府県訪問の旅をしました。「kasekazuking」というアカウントでインスタもやってます

#0039 兵庫県その1

夜のうちに、立雲峡展望台の下にある駐車場へ移動をして、朝日があたる竹田城を見たいのだ。

 

移動途中で雪が降ってきた。

 

「やっほう!雪が降ってきたぜ!」

 

愛知県でチェーンを買ってあり、それを早速使えるので喜んでいるのです。玩具を買い与えられた子供を想像してください。

 

私のタイヤはノーマルタイヤでスタットレスでは無い。スタットレスに履き替えるにしても、そうすると新品のノーマルタイヤを捨てることになる。どうしようかと悩んだ末に、チェーンを巻くことにした。

 

イエローハットで、バイアスロンという非金属のチェーンの、色々ある中で最も良いというのを勧められるままに購入した。「見たらわかる、高い奴やん。」というやつです。

 

結果、大活躍。これがなかったら途中でJAF呼んでたと思う。

 

車を停めて寝るが、一抹の不安が頭をよぎった

 

「もし、雪に埋もれて出られなくなったらどうしようかな?」

 

でもまあ、食料はあるしポータブルバッテリーもあるし、天気予報は3日後には晴れるみたいだから、それまでは生き延びられるだろうと思い寝る。夜中にトイレで起きるが、そんなに積もっていなかった。

夜中は誰も来ることが無く、私は1人で静かに過ごしたのでした。夜中に鹿の鳴き声が聞こえました。

 

翌朝、誰も歩いていないと思われる山道を歩く。

 

 

 

遠くに見えるのが竹田城後。ここに朝日が当たりイイ感じ。

 

 

9-11月だと、こういう感じで見られるらしい。またその時期に来たいと思う。

 

 

次に向かったのが城崎温泉
色々な人からおススメされた温泉だけに、とても良かった。

 

 

 

こじんまりした街並みがレトロで良い。

 

温泉神社なるものもあり、そこも見に行く。雪で何度か滑った。

 

 

 

ここで宿泊だなと思ったのだが、ちょっと不安な情報が入ってきた。

 

何でも今夜から、大雪になるらしく、私が通りたい道が通行止めになる可能性が高いという地元民の意見だ。

 

2-3泊、ここに停滞して温泉を楽しんでも良いと言えば良いのだが、先に進みたいと言えば進みたい。悩んだ挙句に出発することにした。

 

 

こんな雪道を走り、ついに日本海側へ到着、今旅で初めての日本海

 

そして、どんどん雪は深くなっていく。

 

途中で大渋滞があり。理由はトラックやら乗用車などが雪でスタックしてた。数えたのだが、乗用車が1台、トラックが5台、スタックしていた。

 

地元の方々に聞いたら、12月のこの時期、こんなに雪が降るのは珍しく、ここ20年くらい記憶にないそうです。

 

どんどん積もっていくのですが、途中で進行方向に向かって45度くらい滑って傾いた時はあったけど、それもまた楽しく。

 

そうこうしているうちに、豪雪注意報が出ていた場所を通過、鳥取県へ到着しました。

 

兵庫県、次回は南の方に行きます。

加瀬