加瀬和城のHP&BLOG

イッテQで少し知られた加瀬です。1995年にコスタリカへ初訪問、2020年3月に日本へ戻りました。海外在住観光業と海外撮影コーディネートで、中南米を中心に60ヵ国訪問、2020年9月から約1年かけて日本47都道府県訪問の旅をしました。「kasekazuking」というアカウントでインスタもやってます

#0034 愛知県その4

3泊で出発するつもりが、奥さんと話したり、犬と遊んでいる内に、ついつい4泊目に突入してしまった。

こいつは撫でるのを止めると、「撫でて撫でて!」という感じの行動をとるから、ついついずっと撫でてしまうのだ。


www.youtube.com

戻ってくるなり

 

「あっ、まだ居た!やった!」

 

娘が戻ってくるなり

 

「あっ、まだ出発してない!やった!」

 

居候だが煙たがれているようでは無いようだ。

 

しかしこのままでは駄目になるので、本当に明日は出発しないと思い、全てをパッキングして車に入れて、もう明日は出発するしかないようにした。そして翌日、ついつい色々あり、夕食も一緒に食べたりしました。

 

名古屋と言ったら手羽先。

 

 

どじょうの天ぷらも美味すぎる。

 

結局、出発したのは午後10時くらい。危うく5泊目になるところだった。
友人家族の「泊まっていけ!」攻撃に負けそうになるが、ええい!と断ち切り出発。

 

でも本当に楽しい時間でした、帰りも、また寄れるかな?

 

さて、最後に1つ。

 

愛知県の暴走族についてですが、結構な回数、遭遇しました。

 

「ぶぉおんぼぼ、ぶぉおんぼぼ、ぶぉんぼぼぼぼぼぼ!」

 

あー、時代や場所は変わっても居るんだなー。
なんかこう、懐かしい感じで見てしまっている中年の私でした。

 

でも違和感がある。なんだろう?

 

あっ、わかった。

 

ヘルメット、ちゃんとかぶっている。

 

確かに10代か20代前半くらいなのに、暴走行為で転んで頭打って死んだりしたら勿体ない。まだまだこれからの人生、色々な事が経験できるんだから。

 

ちゃんとルールを守ってるじゃないかと思いながら、私の車を通り過ぎゆく暴走族を見送ったのでしたが、また違和感を感じたのです。なんだろう?この違和感。

 

あっ、わかった。

 

まっすぐ1列で走っている。

 

道を蛇行運転して周囲の自動車へ迷惑をかけることなく、スムーズに走っている。改造は違反かもしれないけど、人に迷惑をかけているわけじゃないし、爆音はうるさいと言えばうるさいけど、まあ、普通に走り屋と言われている人たちの車も音は大きいし、家の近所で音楽をガンガン鳴らしているロックンロールなクソガキよりも、遠くの外でやってくれるだけ良いじゃないか。

 

そう考えると暴走族というけど、普通のツーリングと変わらないね。

 

そんな彼らを微笑ましく見送ったのでした。

 

しかし、直ぐに追いついたのです。

 

えっ???

 

赤信号で、ちゃんと停まっている。

 

ここまでくると、もう、爆音くらい笑顔で見てあげようって気になってしまう。彼らも色々不満があるんだろうけど、交通ルールを守って走っているんだし、多少は音が大きいかもしれないが、それで不満が解消になって、ちゃんと働いて税金納めてくれるんだったら良いじゃないか。

 

なーんて思いながら、彼らを見ていました。

 

以上、愛知県の良い思い出でした。

加瀬