加瀬和城のHP&BLOG

イッテQで少し知られた加瀬です。1995年にコスタリカへ初訪問、2020年3月に日本へ戻りました。海外在住観光業と海外撮影コーディネートで、中南米を中心に60ヵ国訪問、2020年9月から約1年かけて日本47都道府県訪問の旅をしました。「kasekazuking」というアカウントでインスタもやってます

#0025 静岡県その1

熱海駅で人と合流する。以前、群馬県まで来たのにカーナビが使えず、迷子になったポンコツ兄弟だ。

 

熱海駅で出迎える、久しぶりでは無い再会。

 

今回は、ポンコツ兄弟の希望と、私が集めたおススメ観光地より、加瀬作成のプランにて、2泊3日の旅行を一緒にするのだ。

 

まずはポンコツ兄弟が希望をした、世界遺産にも登録されている韮山反射炉。1857年に完成した反射炉で、欧米列強から日本を守るべく大砲を作る為に建設されたのだ。

 

 

韮山反射炉に到着したが、それらしき物はない。

見渡す限り、建物はこれしかないのだが、ネットで見た建物とは全く異なる。

 

とりあえず、博物館のような入り口があったので行ってみると、入り口には女性が立っており、とびっきりの笑顔で「どうぞ、こちらで入場料をお支払いください~。」とおっしゃっている。

 

女性に恐る恐る聞いてみた。

加瀬:「あの~、すみません。こちらで反射炉が見学できるのでしょうか?」

 

すると女性は、少し目をそらして、看板を指さした。

なるほど、それなら仕方がない。しかし少しでも見てみたい。

 

私 :「見学範囲が一部制限と書いてありますが、少しは見られるのでしょうか?」
女性:「えーと、あんな感じです。」
私 :「つまり、シートで覆われているので、全然見られないという事でしょうか?」
女性:「まあ、そういう事になります。」

 

泣く泣く反射炉を後にしたのでした。

おいおい、最初からこれかいな。

 

静岡県その2へ

加瀬