加瀬和城のHP&BLOG

イッテQで少し知られた加瀬です。1995年にコスタリカへ初訪問、2020年3月に日本へ戻りました。海外在住観光業と海外撮影コーディネートで、中南米を中心に60ヵ国訪問、2020年9月から約1年かけて日本47都道府県訪問の旅をしました。「kasekazuking」というアカウントでインスタもやってます

#0015 埼玉県その3

昨日の夜、こんなことがありました。

 

道の駅で寝ていたのですが、若者4人がスケートボードで遊んでいたのです。
車の中でゴロゴロしている時に

 

「ゴン!」

 

俺の車に何かが当たった。

 

スケボーがあたったのだなと予想が出来、イラっとして外に裸足で飛びだすと、小僧どもは離れていた。

 

怒りを態度に出しながら小僧どもの方に進んでいくと、1人がダッシュをしてきた。

 

ん?いきなり戦闘体制か?ぶつけておいてそれはないだろう。とりあえず顔面に正拳を入れるか、ひざに蹴りを入れるか?と構えたところ

 

青年:「すみませんでした!!!」

 

おっと、謝罪か。そうきたか。

 

加瀬:「逃げちゃダメじゃん。」
青年:「すみませんでした!」
加瀬:「どこにぶつけた?」
青年:「後ろのタイヤです!」
加瀬:「ちょっと見ようか。」

 

少しホイルに傷が付いていた。私はそういうのが殆ど気にならない人なのだが、気になる人は怒るかもしれない。

 

加瀬:「車が無いところで遊ばないと駄目だろう?」
青年:「はい、今度から気を付けます!」

 

今の子は素直だな、こうなると、もう怒れない。

 

加瀬:「俺だから良かったけど、面倒くさい人なら面倒くさい事になるぞ。」
青年:「はい、すみません!」
加瀬:「んー、まあいい。んじゃ、記念撮影するか?」
青年:「へっ??」

 

これも縁だろう、旅の思い出にはなった。

まあ、4人とも素直で良い子たちでした(笑)。

 

そんなことがあった翌日、多くの埼玉人から推薦された秩父観光。私は日の出というか明るくなった直後から観光することがある。なぜなら人がいないし、1日が長く使えるからだ。

 

まずは水潜寺

 

33体ならんでいるというが、2回数えても34体あった。増えたのか?

 

お寺で拝んだあとは、秩父華厳の滝

 

綺麗な滝だったのだが、1点、気に入らない。
『美しさは日光華厳の滝と同じ』なんて宣伝をしているのだが、日光華厳の滝とは別物に考えて良いと思う。日光華厳の滝とは別物の美しさがあるのだから、わざわざ日光華厳の滝の名前を使う必要がない。

 

秩父の滝で良いじゃないか、それで十分勝負できる、そのくらい綺麗だなーと思いました。

 

滝を後にして向かったのは長瀞石畳、まずは何となくレトロな街並み。

 

その先にあるのが長瀞石畳

 

 

そして美しい川。

 

 

そして埼玉県の最後に向かったのが城峯公園、ここは冬桜が見られると聞いたので向かった。

 

 

紅葉と桜が重なると、それは美しい風景でした。

 

秩父は都内からも近いし、もう少し秩父をクローズアップしても良いのでは無いだろうか?

 

埼玉いいじゃん、思ったより埼玉いいじゃん!と口ずさみながら、群馬県へ移動をしたのでした。

 

加瀬

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。