加瀬和城のHP&BLOG

イッテQで少し知られた加瀬です。1995年にコスタリカへ初訪問、2020年3月に日本へ戻りました。海外在住観光業と海外撮影コーディネートで、中南米を中心に60ヵ国訪問、2020年9月から約1年かけて日本47都道府県訪問の旅をしました。「kasekazuking」というアカウントでインスタもやってます

秋の那珂川を川下り

先日、那珂川カヤックで下るという、素敵なイベントに参加しました。

 

1泊2日の予定で、初日は18km、2日目は22km、合計40kmをカヤックで下るという企画で、実際にカヤックで下るのは7人、陸からのサポートが1名、夜のバーベキューに参加したのが2名の、合計10名の男だけのチーム。

 

 

爽やかで気持ちも良く、こんな事はコスタリカ以来の、超久しぶりなので、楽しいったらありゃしない。

 

 

川下りだが、イッテQの宮川探検隊のロケで四万十川を手作りイカダで下った時と比較すると楽勝。カヤックは水の抵抗も少なく楽に進む。途中、SUPに乗ってみた。実は私、SUPは初挑戦。

 

 

サーフィンやスノボ、スケボーを経験している人には簡単に乗れる乗り物らしいが、私はそれらを1度もしたことは無いのですよ。

 

初挑戦で、まあ乗れた。

 

 

その後、沈をして流された。
通常、湖のような水面が穏やかな場所で行うのだが、私は流れが結構ある川での初乗りなので、予想通りの沈没。その動画はインスタにアップしたのでご覧ください。

 

夕刻、到着予定時間より30分ほど遅れて到着、焚火で暖を取る。

 

 

私は寒さに強い方なのだが、その私が寒いと感じるのだから、相当寒いのだと思う。

そしてバーベキューというか飲み会。

 

皆さんの服装から、なかなか寒いのがお分かり頂けるだろうか?

 

そんな寒さの中でテント泊、キャンプをする。

男10人のうち、酒を飲まずに帰宅した者が1名、車の中で寝たのが6名、外で寝袋泊をしたのは3名。

 

翌日、寒くて目が覚める。
朝食を済ませて、出発なのだが、誰もウェットスーツを着ようとしない。
なぜなら濡れたウェットスーツを着るのは嫌なもので、そして寒いので更に抵抗がある。

 

男その1:「だり~な~。」
男その2:「酒も残っているしな~。」
男その3:「ここから先は流れが無いから、漕ぐの大変だよね~。」
男その4:「温泉に行きましょうか?」

 

2日目の川下りは中止。
頑張らない、無理しない、楽したい、逃げ道がある。
そういう状況での中年男性グループなんて、そんなもんです。

 

2日目は川下りをしませんでしたが、とても楽しいイベントでした。
以上、最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

PS.
カヤックでの川下りに興味がある方はご連絡ください。人数が揃いそうであれば、イベントとして開催したいかと。でも1泊2日じゃなくて1日だけね。

 

加瀬